動画コンテンツを中心にした情報発信で新しいつながりを創る/ビーネクサス

動画コンテンツを中心にした情報発信で新しいつながりを創る/ビーネクサス

採用コンテンツ

中小企業こそ活用するべき!採用サイトの成功とは? 採用サイト・採用コンテンツの成功に忘れてはいけない3つの大切なこと

 採用サイト・採用コンテンツの成功に忘れてはいけない3つの大切なこと

まず最初に、採用サイトを利用する目的は何か?
もちろん、求職者との接点を増やし、採用応募を増やすことです。

しかし、今や人手不足時代。
人手不足が理由で、年々多くの優良企業が倒産しています。

2017年7月26日東洋経済オンラインで紹介された記事「中小企業の「人手不足倒産」が広がりつつある
2017年上期の件数は4年前の2.9倍に」の中で、日本商工会議所がまとめた「人手不足等への対応に関する調査」では、全国2776社の中小企業のうち、6割の企業が「不足している」と回答した。
(引用:東洋経済オンライン2017年7月26日中小企業の「人手不足倒産」が広がりつつある2017年上期の件数は4年前の2.9倍に:2ページ目)

このように今後、さらに人手不足が問題化し、今よりも多くの企業が採用に力を入れる未来が予測できます。
そこで、もしお時間があれば色々な企業、できれば同業種の採用情報を御覧ください。
きっと驚かれると思います。

なぜなら、どの企業も同じような情報を発信していて、同業種にいたっては、もし会社名を伏せたたらどの募集がどの企業か?などまったくわからない場合が多いのです。

求職者の目線で見れば、多くの企業が募集をしている今、同じような募集内容の中から自分に合った企業を選ぶのはもはや至難の業です。
全てとは言いませんが、「同じような募集」実はこれが就職してもすぐに退職してしまう大きな理由の1つです。

このことを表す記事がマイナビニュース「転職をした本音の理由、1位は?」で発表されていました。
その結果は、「過去の転職活動において後悔したこと」を聞いたところ、「入社前の情報収集が足りていなかった」(36.4%)が最も多かった。次いで、「納得しないまま入社をしてしまった」(17.8%)(引用:マイナビニュース2017年10月27日転職をした本音の理由、1位は?)この数字が示すとおり、情報不足、言ってしまえば企業とのコミュニケーション不足が大きな要因となっているのです。

このことから、ここ数年、大企業ではインターンを急速に活用して、入社前の情報不足に対応しています。
そして、良い結果を出しているのです。
しかし、残念なことにインターンはどうしても大企業などの人気がある企業に集中してしまいます。
中小企業には、やりたくてもなかなか真似出来ない戦略です。
そこで求人が上手くいかすにお困りの中小企業おすすめしているのが、インターンができなくても同じように仕事を疑似体験できる「疑似体験型採用サイト」の活用です。

では、採用サイトさえ活用していたら採用活動を活性化できるのか?
残念ながらそれは難しい話です。
そこで大切になってくるのが、採用サイトを成功へと導く3つのことなのです。

採用サイトの成功に大切な3つとは何か?
私達は、どうしたら採用サイトが成功するのか?いつも研究をしています。
多くの企業が運営しています採用関連サイトを研究してきましたが、案外大手企業でも知らず知らずにやってしまっている抜けもあり、今回は私達も含め抜けがないか確認の意味を込めて、もう一度採用サイトの成功に必要なことをまとめてみます。

1つ目は、「求職者の人生設計に役立つ情報」
会社や事業の紹介を通して、貴社で働くことの魅力、会社に入社することでの人生のメリットを求職者に伝えるための情報発信となっているか?自己満足になっていないか?

2つ目は、「導線作り、仕組み作り」
いかに求職者に募集していることを伝え、採用サイト、募集要項までたどり着いてもらうか?

3つ目が、「疑似体験できているか」
求職者が貴社に入社した際のイメージを明確に持てるよう、体験をコンテンツ等を通しで伝えているか?表現できているか?

そこで、採用サイトを今から活用しようとお考えの採用担当者様にお考えいただきたいことがあります。
最近、信じられないような低コストでの採用サイト制作サービスが多くなってきました。

しかし、低コストでの制作は、その大切なコンテンツ内容の企画を全て貴社に完全にお任せします。
HPのデザインだけお手伝いします。
と言うのが、低コストで採用サイトを提供している制作会社のビジネスモデルです。

しかも、この方法には見過ごせない大変な落とし穴があります。
それは、「コンテンテンツ内容を全て企業におまかせします」の部分です。
言ってしまえば、「コンテンツは貴社で企画しているから採用サイトの効果があまりなくても制作側に責任はありません」「あくまでサイトデザインの担当ですから」と言っているようなものです。
サイト自体を制作することは業者にとってはさほど難しいことではありません。
素材や内容さえご提供いただければ、ほぼコピー&ペーストで完成してしまうものなのです。

逆に、採用活動で効果を上げていると言われている大手企業は高いコストをかけて企画をねって採用サイトを作り、求職者に求人を見てもらうための努力をしています。
コストが必要な理由は、欲しい人材に魅力を伝えるためのコンテンツ内容の企画、制作、運用に力を入れているからです。
だからこそ成果に繋がっているのです。

ここでお伝えしたいのは、低コストでの採用サイト制作が悪いと言いたいのではありません。
もし、貴社に求職者を集めるノウハウがあるのなら、低コストでサイトだけ制作してくれる業者で良いかと思います。

しかし、初めて採用サイトの運用を考えている、今の採用サイトで求職者からの応募が少なくてお悩みでしたら、しっかりと企画した上で制作する業者でなければ、ただ低コストでWEBサイトを作った、それだけの話となってしまうのです。
貴社が欲しいのは、ただの採用サイトですか?それとも採用活動に活用するための採用サイトですか?

そしてもう一つ知っていただきたいのが、採用サイトの成功に何より大切なのが「運用サポート」だということです。

最初に公開してから、数週間後に運用状況などを確認して訂正・修正していく運用サポートは、採用サイトの成功、採用戦略の成功になくてはなりません。
作って終わりではないのが採用サイトなのです。

いかがでしたか?
もし、今現在採用サイトを使っているけど今ひとつ効果につながっていない・・・
または、これから採用サイトを活用しようとご検討中でしたら、ぜひ3つの項目と公開後の運用を見直してみる、計画されてみてはいかがでしょう。

今や多くの企業が利用している採用サイト、採用コンテンツ。
そうは言っても難しいとお悩みでしたら、安心してご利用いただき成果をあげるためにも、私達ビーネクサスに無料相談のお申し込みをご連絡ください。

お会いすることで、情報交換を兼ねて、きっとお役に立てる時間になるとお約束します。

※採用についてビーネクサスへの相談は下記「Bnexusに無料相談をしてみる」ボタンからご連絡いただくか、
「03-6205-5152」へ直接お電話でご連絡ください。

 

 

 

顧客獲得・採用業務の効率化を課題に合わせた解決法でサポート

お電話でのお問合わせ

平日[10:00~12:00/13:00~17:00]「03-6205-5152」

株式会社ビーネクサス
〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町518司ビル505号室